スポンサーサイト





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

Encore Concert in Seoul 2





あんにょん♡

12月のFCイベントの第一回抽選予約が始まりましたね。
ってか、今更ですね。申し込み、今日までですね…(笑)
私は先日の韓国にも一緒に連れて行ってくださったオンニに、
23日大阪の2部が第一希望で申し込んでいただきました。
27日の東京でもいいんですけど~、というか幕張メッセに行ってみたかったんですけど、大学院受験・卒論と大詰めの時期、かつ年末はバイトの休みが取れなさそうなので...。ってまずバイトを辞めないといけないんですけどね...。
でも、何としてでも今回行きたいんですね~。
もしかしたら別の都合で23日の前後くらい関西圏内にいることになるかもしれませんが、イベントへの参加自体はまた周りには内緒になりそうです( ̄▽ ̄;)

ってか、その頃にはジュンスの誕生日が終わってるんですね!!
今気づきました!!早いなぁ~!!
今年こそ何かしようと思ってたのに、もうあと1ヶ月ちょっとしかない(><;)
あぁ、今年もダメそうだよ、ジュンス。ミアネ。(←あっさり諦める…)


さてさて。コンサートの内容なんですが、全然、進んでませんね~。
全部で25曲か26曲かあったのに、ここまででまだ7曲…?
3分の1もいってませんねぇ。
ちょっとスピードアップしなきゃ、音楽戦士が始まります。

You're My Miracleの後はちょっと不良風シアがダンスバトル?を地下道?でする映像でした。
本当に人が変わりますよね~。
「ネコが寝込んだ寝転んだ~うはは~」とか言ってる人と同じ人とは思えない。。。
もうすぐ公開になるのかな?『クローズゼロ』みたいな感じの映像でした(笑)

<8曲目 My Page(ジュンス)>
そしてジュンスのソロ!!
本当にすごい!
これは2月にあったときもすごく話題になってたので私も見たことはあったのですが、
本当にすごい!!
なんだろ、あの動き!!
ヨジャダンサーとのセクシーダンスも、腰がすごいですね!!
彼の関節どうなってるんだろ。

でも私の興奮が一番Maxに達したのは、キャップがポンと飛んできて
「One! Two! Three! Four! FiveSixSevenEight! Hey, Come on!」の後、
壊れちゃうんじゃないかってくらい激しく体を揺らすジュンスのダンス。
これ以上動いたら、本当にジュンスの体がバラバラにちぎれるんじゃないかと思いました。
遠くからでもあの激しさは絶対にわかりますね!
雨がざーっと降って来て、
びしょびしょに濡れながら踊るジュンスは本当に誰も寄せ付けないオーラでした。
シューッと滑ってくるところもきちんと見れて感動!!
本当に全身で自分を表現するジュンスを見ながら、私は絶叫してました。たぶん。
自分のことはまったく記憶にないです(笑)

<9曲目 One Last Cry(ユチョン)>
そして次はユチョンのソロ。
本当に申し訳ないんですが、One Last Cryの最初のサビあたりまで、
ユチョンの歌声はまったく私の耳に届いてませんでした。
「わーユチョンだぁ♡」とは思ったのですが、実際心は『My Page』で完全に放心しちゃってて最初の方は素敵なユチョンの歌も完全にBGMとして聞き流してしまってました。
本当にもったいない…!
ふと途中から「あっ聞かなきゃ!」と気づいて、それからはきちんとステージで歌うユチョンを見てました。

衣装は2月と変わってますよね。というか一部のメンバーのソロ衣装は今回3日間とも違ってたのかな?同じゲストハウスに泊まってたオンニたちは26日の公演も見ていたそうなんですが、ユチョンの衣装は違ってたと仰ってた気がします。気が。
27日は白いハットをかぶってました。
TVで見るときは別に帽子かぶっててもいいけど、やっぱりコンサートで見るときは帽子があるととても見にくいなぁと感じました。それでも似合ってたのでいいんですけど。

ユチョンのソロは本当によかったですよ~!
ユチョンの魅力全開って感じがしました。
それを考えると、東方神起の普段の曲でのユチョンは、自分のよさを100%には出し切っていないのかな、あるいはまだ自分の魅力を開拓しきっていないのかな、と感じました。
そうですね、後者の方を強く感じました。
ユチョンにはまだ潜在的な力が眠っていて、5人で歌うときにはいまいち発揮されてないのかもしれないなぁと。
今でもユチョンの歌にはっとさせられることも多いのに、
これ以上になるのかもしれないと思うと、実は彼、すごいのかもしれません。
そんなことをユチョンのソロのときには漠然と考えてました。
プロデューサー気取りですね、私(笑)

<10曲目 Spokes Man(ユノ)>
激しい曲なんですね~。
ユノくんも、曲がかかると我慢できないのか自然と体が動いてしまうのか、
かなり合わせて激しく踊ろうとはしてましたが、
見てる私はハラハラでした。
コンサートが始まった最初の頃は、本当にユノくんが歩いてるだけでも、本当に大丈夫なの…?と心配してたのに、この時は足を上げて踊ってたりして、「クマネ~!!」って感じでした。
私は2月のも台湾のも見ていなくて、本来ユノソロがどんな感じのステージなのか知らなかったのですが、きっと本当はもっと激しいパフォーマンスになる予定だったんでしょうね...。
でも、正直今回、違和感はなかったです。
後から知ったんですが、今回はSJのドンへくんじゃなくて、練習生のヒムチャン(?)くんとしてたとか。
彼の好プレー、好サポートも大きかったのかと思います。
実際、あのステージでヒムチャンくんだけが激しく踊ってたらかなり浮いてたでしょうけど、彼も抑え気味でうまくユノくんと調和してたし、激しさを表現するのに激しい動きはそれほど必要ではないのかもしれないとすら思えました。
動きに制限があっても、ゆったりとした動きで荒々しさを表現することもできるんですね。
ユノくんにとってはやっぱり納得の行くステージではなかったでしょうけど、
私は十分にユノくんのかっこよさがにじみ出てるステージだと思いました。


そしてここで映像が流れるんですが、
どの映像だったかはよく覚えてないです。。。

<11曲目 Hey!Girl>
ヨジャとのダンスで「キャーッ!!」の曲ですね(笑)
私は「ヒューヒュー!!」っていう冷やかし?で「キャー」なのかと思ってたんですが、
実際どうやらそうじゃないみたいですね。
本当に嫌なんだろうなぁ…(笑)完全に悲鳴でしたね~。

Hey!Girl、大好きです。本当に。
3集の中で一番ヘビロテした曲かもしれません。
だからとっても楽しみにしていたんですが…Hey!Girlって難しい曲ですよね。
ここからは完全に私の耳にはそう聞こえたってだけなので、
気分を害した方がいたら本当にごめんなさい。
でも、本当に大好きな曲だったので、思ったことを正直に書いてもいいですか?
素人の戯言ですからね。怒らないでくださいね…?

ユンドヒョンのラブレターで歌われたHey!Girlがものすごい好きだったのですが、
やっぱり曲自体が難しい曲なんですね。
特にあぁいう大きな会場で音がすごく反響する環境ではとても歌いにくいと思うんですよね。
そして最初ユチョンの出だしから音程を取るのに迷走してたな~と私は感じました。
次のユノくんも不安定。。。
ユノくんは途中でイヤホンっていうのかな?を外して、
顔をみんなの方に向けて、一生懸命音を聞き取ろうとしてました。

ジュンスさえも最初の方はかなり危うかった気がします。
というか、ジュンスは曲全体を通して音が低かったんじゃないかな。。
高い音は苦しそうでした。
2番のサビのところの「Let me show you...」もきつそうな感じで、
最後のみんなの掛け合いのところでも、要となる(と思うのは私だけかも。)ジュンスの声が意外と伸びなかったこともあって、みんなのフェイクもバラバラになってる感じがしました。
というか、そもそもジュンスのフェイクが一つ抜けてましたね。
ジュンスの「그대 곁에 있을 때(くでぎょていっするて)」がなくて次のユチョンはいつも通りのフェイクを入れてたのは、流れとしても違和感がありました。
掛け合いを留めてましたね。。
あれはどうしてだったんだろう?気分?

その中で、チャンミンが本当にすごかったです。
2番最初の自分のソロでは、チャンミンが一人、自分の音程を貫いてました。
独唱という感じでした。
そのお陰もあってか、その後のジュンスからは少し全体的に持ち直して安定した感じもしましたが…。
でもやっぱり声が高くパワーもあるチャンミンが全面に出てきてしまって、
コーラスのバランスとしては…あまりよくなかった感じがします。
こういうときって、チャンミンが声量を抑えるべきなんでしょうか。。。
私には音楽の専門的なことはよくわかりませんが、正直、27日のコンサートを聞いていて思ったのは「ってか他のメンバーが負けちゃだめじゃん…」。
ハーモニーやフェイクの入れあいというのは決して個人の競争ではないのでしょうけど、実際、特にユチョンやユノくんは、自分が聴かせどころのところでも勢いがなく、完全に押されている印象を受けました。
ユチョンは、ソロで彼の表現力にいたく思いいれがあったからかもしれません。
やっぱり埋もれてしまってる感じがしてしまいました。

そしてOneの時にも書きましたが、やはりユノくんの歌にまた違和感を感じたのがこのHey!Girlの時です。
2番のサビの中で「Can I talk to you」(←歌詞はあまり定かじゃありませんが…)とフェイクを入れるところがありますよね。
その声がものすごく小さくて…。
ラストのフェイクの掛け合いのところも然り…。
ミニほどに強くしてほしいというわけではありませんが、明らかにユノくんが全面に出てきていい場面でも一歩か二歩くらい引いちゃってる感じがどうしても拭えませんでした。
なんだかそういうのを考え始めると、ミニが声を抑えればいいというだけの問題じゃない気がして。。。

Hey!Girlは本当に好きな曲で、3集の中で一番回数聴いた曲で、
だからコンサートで聴いていても、微妙な音程のズレや、歌い遅れも、
他の曲より敏感に気づきます。
私は確かにCDのHey!Girlそのままを聴きにいったわけじゃなくて、
生ならではの違いというのも楽しみにしていたつもりです。
が、今回はどうしても少しの残念さが残ってしまいました。。

ただ、繰り返しになりますが、おそらくあぁいう会場で、あぁいう音響の環境で、
Hey!Girlを綺麗に歌いこなすのは本当に難しく大変なんでしょう。
おそらくお互いの声も聴き取りにくいでしょうし…。
それに、座りながらヨジャとセクシー(?)ダンスしてれば、
歌ばかりにも集中できないのかもしれません…(笑)

これは事実ではないと思うんですが、
曲の終わりかけ、しあの手がダンサーさんの胸に当たったように見えたんですよね(笑)
いえっ、たぶん私の見間違いですよ(><;)!!
でも、正確には「当たった」というより「触った」と言った方が近いように見え、
私は完全にパニック!!
歌がどうこうとかいう批判精神と理性は、この瞬間、完全にFly Away~。

<12曲目 I wanna hold you>
Hey!Girlは座って歌っていたのですが、I wanna hold youからは立ってそれぞれ花道の方に散らばっていった気がします。
ということは、You're my miracleのところで書いた一連のユノくんは、この曲のときだったのかもしれません。
うーん、なんかそんな感じがしてきましたねぇ。
ごめんなさい、かなり曖昧で。。。

で、肝心の曲なんですが、I wanna hold youもとても好きな曲にも関わらず、なぜかあまり覚えていないんですよね~。
一つ覚えているのは、曲の中盤を過ぎた辺りでジュンスがいきなり花道からメインの舞台に戻っていって、下手の舞台袖に向かって「おいでおいで」のポーズをしたんです。
「えっ、さっきのHey!Girlのヨジャを呼んでる!?そんなにお気に召したの!?」
実際には、マイクか何かの調子が悪かったみたいで、
スタッフさんが出てきて何やら直してました(笑)
あ~あれは本当にびっくりした~!!完全に早とちりでしたねぇ(^▽^;)
本当に「君もこっちにおいでよ~」ってあの女性を誘ってるように見えたんですよね~。


はぁ。さて。Hey!Girlのせいでまた長くなってますね。
実際には思い出せる曲から先に書いてたのですが、
やっぱり自分への整理用なら曲順に並べて上げたほうがいいのかなぁと思って。
でもそうしてると段々きつくなっていくんですよね。
後にはあまり記憶にない曲ばかりが残るので。
そして、実際、コンサートの後ろの方であった曲は、
私が興奮しまくってたせいでほとんど覚えていない曲が多く…。

しかも文章が荒れ放題ですね。これ。
まだコンサートの半分も行ってないんだと思いますが、続きはまた今度にします~。
ってこれ、いつになったら終わるんだろ…。
あぁ、もうちょっと面白い文章が書きたい…(苦笑)
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

musica

11/03 00:55 | URL│編集
こんばんわ☆

アンコールコンおつかれさまです
すごく細かく覚えてみえてすごいです!
私はコンサートとかに行ってもぼやーっとしか覚えられない方なので^^;
Tokoさんのレポでコンサートに行った気になれましたよ^^


いよいよ音楽戦士ですね♪
どんな感じなんでしょうかね
楽しみです~


Toko

11/03 03:29 | URL│編集
☆musicaさん★

こんばんは~☆

こんな長い小学生の夏休みの感想文以下の文章を読んでいただいて、大変申し訳ないです(><;)
でも、わかります~!
コンサートで何かにメモするのも、なんだかせっかくの生の雰囲気を楽しめないようで気が進まないし、かといって終わった後で「あれっ?で結局何を見たんだっけ。。。?」ってなるのも、すごーくもったいない感じがするんですよねぇ。
そして、意外とど~でもいいことを覚えてたりするもので…。

私、全然すごくないですよ(><;)
メモも取らず完全に帰ってきてから思い起こしたものなのでかなり間違ってるはずです。しかも、ほぼ「気がした」ですし(苦笑)
でもきっと正確な細かいことはそのうちDVDで明らかになるはず!と思い、思いっきり主観を書いてしまいましたが、DVDをご覧になって、「とうこ、違うじゃ~ん!」ってことになっても怒らないでくださいね...(笑)?

さて、もう音楽戦士はご覧になりましたか?
私も続きの記事を書きながら、ずっとスタンバイしてました。
私はいろんな意味で期待以上でした!
あは、ジュンスが目立ってるからじゃないですよ~(笑)
でも『Last Angel』の活動自体がさらに楽しみになりました♪











管理者にだけ表示を許可する
http://mydestinymygirl.blog104.fc2.com/tb.php/73-5b6401c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。